福利厚生 看護師

最近あった急変の話。冬の老健は急変がとても多いんですよ(+o+)

冬場になると、私たちも風邪など引きやすくなりますよね( ;´Д`)

 

施設に入所している高齢者の方も、風邪を引きやすくなりますし、そこから肺炎を併発され、突然急変することもあるんですΣ(゚д゚lll)

 

まして、インフルエンザやノロウイルスが施設内で発生したりすると、大変な事態が起きますね((((;゚Д゚)))))))

 

インフルエンザやノロウイルスは、健康な人がかかると、軽く済みます。

 

しかし、高齢者や基礎疾患のある方は、重症化しやすいですね(;´Д`A

 

肺炎を起こしたり、脱水を起こすことから、命に関わる状態になることもあります。

 

ノロウイルスが発生した時は、本当に大変でしたよ( ;´Д`)

 

感染力の強いノロウイルスは、次々と感染していきました。

 

いくら感染症対策をきちんと行っていても、これはなかなか阻止できませんね(・_・;

 

施設内の半分は感染しました(。-_-。)

 

嘔吐や下痢だけの症状の方はまだいいです。
次々と重症化する利用者さんが出てきました。

 

意識Levelもダウンし、声かけに反応もなくなります。
血圧測定も不可能。
輸液をキープし、酸素吸入を行いながら、救急車を要請します。

 

しかし、ノロウイルスとなると、よほどのことでなければ受け入れしてもらえず、施設内は、あっという間に野戦病院のような凄まじさになりましたね( ;´Д`)

 

ノロウイルスが直接の死因になるわけではありませんが、ノロウイルスに罹患したことから基礎疾患が悪化し、亡くなった方もいました。

 

冬場は、ただでも体調を崩したり、急変が多いのに、インフルエンザやノロウイルスというさらにリスクが大きな感染症があるから大変ですよ(-。-;

 

体力もなく、免疫力の低下した高齢者の多い施設にとって、冬場は本当に病気や急変が多くて大変ですよ( ;´Д`)