福利厚生 看護師

夜勤専従パートって大変かな?

他の職種と違い、看護師の仕事には夜勤がありますよね。
夜勤は、普段寝ている時間帯に働かなくてはいけない為、敬遠する看護師は沢山います。
その為か、多くの病院では、夜勤のできる看護師が不足しており、夜勤の求人は常に豊富にありますね。

 

しかし、その反面、好んで夜勤の仕事をする看護師も多いんですよ。
単に朝が苦手という方や、夜勤のほうが落ち着いて仕事ができるという方、少ない日数で効率良く稼ぎたい方など、
さまざまです。
夜勤専従は給料が高い事でも人気があるんですが、夜勤だけで働いているほうが、生活のリズムが整うという方もいます。

 

確かに、常勤で働く場合には、日勤と夜勤があります。
3交代制の職場では準夜勤もこなさなくてはいけません。
働く時間帯が頻繁に変わると、疲れも溜まりますし、そのような勤務体制をしていて生活のリズムを整えるのは、
なかなか難しいですよね。

 

その点、夜勤専従は、常に同じ時間帯での勤務です。
夜勤専従が初めての方にとっては、身体が慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば、
逆に生活のリズムが整います。

 

日勤の仕事をしていると、平日は毎日仕事となる為、銀行や役所など、
平日にしか出来ない用事をなかなか済ませる事ができませんよね。
夜勤の場合、休憩や仮眠がしっかり取れる職場であれば、夜勤明けの日には、一日中普通に過ごす事ができます。
平日に地湯な時間を取る事ができるので、得した気分にもなります。

 

夜勤の仕事は、日勤にはない大変なところもありますから、決して楽ではありません。
しかし、仕事に見合った給料を貰う事ができるので、働きがいは充分にあります。
効率良く稼ぎたい方は、働いてみる価値は大いにあると思います。