福利厚生 看護師

認定看護師の資格を取ったけど今の職場では資格を生かした仕事が出来ない

私は老健で仕事をしている中で、認知症への周囲の理解度の低さを感じました。

 

家族や近隣の人だけでなく、施設職員においてもそれは言えました。
認知症はボケではない。

 

認知症をきちんと理解出来れば、認知症本人もその家族ももっと楽になることは沢山あるのです。

 

認知症のことをもっと知ってもらいたい。
そういう思いから認知症認定看護師の資格をとりました。

 

認知症認定看護師は、主に指導などが仕事になります。
認知症に対する理解を深め、認知症の方やその家族のQOLを高める事が目的ですから、環境を整えたり、ケア体制の構築を行ったり、行動心理症状の緩和や予防に努める必要があります。

 

また、介護施設のスタッフへの指導も大切です。

 

医師やケアマネとの連携をとり、認知症の方が住み良い環境を作る時間も必要です。

 

そういった事を行うには、やはり職場の理解も必要だと思います。
日頃の業務の中で出来ることもありますが、勉強会など開くには業務から外れる時間も必要になります。

 

しかし、今の現場では人員不足から業務が優先になり時間を作る事が出来ないのです。
せっかくとった資格でも、それを活かす事が出来ないのでは意味がありません。

 

今は高齢の方に限らず、若い人の認知症も増えてきています。
多くの人に認知症を理解してもらうためにも、早く自分の資格が活かせる職場に転職するべきなのではと考えています。